市販の浮腫み解消漢方

浮腫みというのは、体内の水の巡りが滞り、体内に溜まった状態にあります。
そういった状態を解消するためには、マッサージや運動を行うことも有効ですが、水分の排出を促す効果のある漢方薬を飲むと、よいとされています。
市販薬にも浮腫み解消漢方薬がいくつかありますので、ご紹介します。
まず、一つ目は五苓散(ごれいさん)です。
頭痛や吐き気や下痢などの症状にも効果があるとされており、水分の排出量が少ない方におすすめです。
次に紹介するのが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。
これは特に女性におすすめです。
冷え性や貧血気味で、生理前後に体調を悪くする方には特におすすめです。
他に、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)もよいとされています。
水太りになりやすい方の余分な水分の排出を促してくれます。
他に、新陳代謝の低下からくる浮腫みには真武湯(しんぶとう)、下半身とくに膝下の冷えやむくみには八味地黄丸(はちみじおうがん)がよいとされています。
このように、漢方薬には飲む方の体質に合わせて様々な種類のものがあります。
どの薬が合っているか分からない方や初めて飲む方などは、最初に医師や薬剤師に相談した上で購入することをおすすめします。

顔のむくみを予防するサプリ