背中にきびの正しいケア法

背中にニキビができやすい原因は、皮脂や汗の分泌が多いからです。皮脂の分泌が多いと毛穴が詰まっていきますから、ニキビを作っていくアクネ菌が繁殖しやすくなっていきます。さらに衣服で覆われている背中は、蒸れやすい状態となっているので、ニキビができやすいのです。ニキビができやすくて治りにくい状態にある背中は、ニキビが次々と出来ていきやすいので、重症化していく前にケアをしっかりとしなければならないのです。ニキビ跡が残るなんて最悪です。

そこで背中ニキビのケア法ですが、手が届かない箇所ですので、清潔にしておくのが難しいのですが、スキンケアはしっかりと行っていかないといけません。背中は顔や手と違って耐えず洗っていけない箇所ですから、入浴のときに一気に汚れを落そうとしてボディブラシや垢すりタオルでゴシゴシ洗うと大変なことになります。

皮膚はデリケートですから強い刺激が加わるとバリア機能が低下してしまいます。ニキビができている状態では、肌にキズが付いて炎症を起こすとか、ばい菌が入ってしまうのです。ですから肌にやさしいケアをしなければなりませんが、ピーリング成分の入った石鹸などで、肌をキズつけないで古い角質を落としていくケアでなければならないのです。

背中ニキビの原因と対策