制汗剤で脇の黒ずみができる理由

特に夏場は汗の臭いが気になって制汗剤を使う方が多いと思います。また、冬場もニットやコートで蒸れるため、臭いが気になって年中、制汗剤を使っている方も多いと思います。意外ですが、脇の黒ずみには制汗剤も関係しているというのをご存知でしょうか。脇の下は、汗腺も多く、腕を常に動かすなどでただでさえ、摩擦を受けやすいので体の中でも色素沈着を起こしやすい部分です。制汗剤を使うと、毛穴がふさがりやすくなります。特にパウダータイプの商品は、毛穴に蓋をするようなものなので毛穴がつまり、肌が正常にターンオーバーできなくなります。毛穴の詰まりや古い角質が溜まりやすくなり、新しい細胞も生まれなくなって黒ずみや肌荒れなどの原因になります。時々しか使わないのであれば、極端に心配することも無いと思います。しかし、年中とか日に何度も使っているという方は注意が必要です。汗ワキパッドを使ったり、冬場はインナーに綿素材を着用すると汗を吸ってくれるので臭いの心配が無くなります。また、角質が溜まると臭いの原因になるので、ピーリングジェルで時々、古い角質を取り除くのがお勧めです。

ピューレパールの評判