乾燥が原因でできるにきびの予防法

にきびというと皮脂の過剰な分泌が原因というイメージが大きいため、洗顔を徹底したりあぶらとり紙を使うなどしてケアを行っているという人は多いですが、実はそのケア方法が裏目に出ている場合もあります。
実は、顔の皮脂のとりすぎによる皮膚の乾燥もにきびの原因の一つとなります。
過剰な洗顔などのより皮膚にもともと必要な皮脂までとりすぎて肌が乾燥すると、皮膚は肌の潤いを守ろうとする防衛機能を働かせ、さらに皮脂を過剰に分泌させようとします。
その結果肌の内側では水分が不足しているにもかかわらず、肌の表面では皮脂によるベタつきが起こり、結果として炎症につながってしまうのです。
予防法としては、肌の水分量をアップさせて皮脂の分泌をコントロールすることが肝心となります。
洗顔はあまり洗浄力が高すぎない洗顔料を使用し、しっかりと泡立ててから洗うようにします。
泡立てることで手のひらと肌の摩擦が軽減され、洗いすぎを防ぐことができます。
洗顔後は必ず保湿効果の高い化粧水をしっかりとパッティングし、肌の内側へ水分を与えましょう。
化粧水を使用した後は油分のあるクリームなどでカバーし、水分の蒸発を防ぐことで肌のみずみずしさを保つことができます。

おすすめの美白化粧品